【 青 春 】    サムウェル・ウルマン

青春とは、人生のある期間をさすのではなく、心の様相を言う。
薔薇色の頬、紅い唇、柔らかな膝というような事ではなく
逞しい意志、豊かな創造力、燃える情熱をいう
人生の深い泉の新鮮さが青春なのだ。

青春の本当の意味は 臆病を退ける勇気、
安易に流れるのを捨てる冒険心である。
それ故に二十歳の若者よりも 六十歳の人にしばしば青春を見る。
人は年を重ねただけでは老いない。
理想や目標を失った時に老いは始まる。

歳月は肌にシワを作るが、情熱の喪失は精神のハリを無くす。
苦悩、不安、自分への失望は気力を落とさせ、老い朽ちていく。

六十歳であろうと 十六歳であろうと 人の心には
驚嘆に魅かれる心 子供のような未知への探究心や
人生への興味や楽しみがある。

貴方や私の心の真ん中には 感応の受信所がある。
人や神様から美・希望・喜び・勇気・力のメッセージを受信している間は
貴方は若いのである。

この霊感を失って、気持ちが凍ってしまうと 二十歳であろうと老人である。
胸を張って希望と共に生きている限り
八十歳になって人生の終焉を迎えようとも
最後まで青春と言えよう。

               by Smuel Ullman  (1840〜1924); " Youth "
               midi : Gallery Oto