【 虹の橋 】

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれている所があります。

この地上の誰かと愛し合っていた動物たちは、
命が終わるとそこへ行きます。

そこには草地や丘があり、皆で走り回って遊びます。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光があふれ、
みんな暖かく幸せでいます。

病気だった子も 年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついたり 不自由な身体の子も、元の身体を取り戻します。
・・・まるでいつか過ぎた日の夢のままに。

幸せな夢の暮らしですが、ひとつだけ心に不満が・・
それは自分にとって特別な誰か・・、残してきてしまった大切な誰か・・が
ここにいないという寂しさ・・

いつものように 動物たちは、皆一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震え始めて

突然その子は皆から離れ、緑の草の上を走り始めます。
速く、それは速く、飛ぶように。  貴方を見つけたのです!
「特別な貴方」を!

貴方と友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
もう二度と離れることはありません。
幸福のキスが貴方の顔いっぱいに・・
貴方の両手は愛する友を優しく愛おしく撫で・・

そして貴方は、信頼にあふれた友の瞳をもう一度じっと覗き込みます。
貴方の生活からは長い間失われていたけれど、
心からは一日も消えることのなかったその瞳を・・そして温もりを

そして貴方たちは、一緒に「虹の橋」を渡って行くのです・・・。

      原文 : 作者不詳
      BGM : Gallery Oto