-- 「 雪の朝 4 」 --

夜中に台所にいて ふっと呼ばれた気がして
サンタの寝床へ行き
頭 背中 足 全てをそっと撫で
顔を近づけて話したね

ママ ここにいるよ
元気になったらまた散歩いこうね
いい子だね って

そしたら今まで見たこともないほどの
穏やかで 安心したような顔をしてた

お別れの時を感じて呼んだんだね

忘れられない表情 まなざし

最期までそばにいてあげればよかった
明日もあると思いこんでいた
直前まで歩けていたから
わからなかった

今はあの子の想いがはっきりわかる
悲しいね・・