Outlook Express


Outlook Express は6.0以上をお奨めします。
それ以下のバージョンですと見本どおりにひな形が動かない場合があったり、
文章が書き込みにくかったりする場合が出てきます。

こちらの を参照して下さい →
1)メール画面の設定    
 まず設定の変更をします。雛形をご覧になる方はOutlook Express の設定を下記に変更していないと正常に表現されません。
 @ 図の1のようにメールの上の方にある【ツール】→【オプション】→【読み取り】 で【メッセージはテキスト形式で読み取る】の部分の V チェックをはずす。
 A 図の2のように【セキュリティー】→【インターネットゾーン(安全性は低くなりますが、機能が向上します)】にVチェックを入れる。  同じタブにある【イメージのダウンロードのブロック】のV チェックをはずす。
 B 図の3のように【送信】→【HTML形式】 にVチェックを入れる。【HTML形式の設定】→【メッセージに画像を添付】にVチェックを入れる
 C 上の@〜Bの全て設定してから→【OK】
 D 図のCのように【メッセージ】→【表示】→【ソースの編集】にVチェックを入れると編集面で文字の入力ができ、プレビューで動作確認ができます。
これらの設定を行うと、ウイルスに対するセキュリティーが甘くなりますので、アンチウイルスソフトを使っていない方はメールを見た後、 上記Aと同じ方法で【制限付きサイトゾーン(安全性が向上します)】に戻しておく方がいいかもしれません。

2)ダウンロードの仕方
 (ひな形の画像をクリックするとプレビュー(見本)がご覧になれます) 
 @ DL をクリックする。
 A 【ファイルのダウンロード・・セキュリティの警告】に「このファイルを実行または保存しますか?」
  →【実行】を選んだ場合→下のBへ
 →【保存】を選んだ場合→【デスクトップに保存】→【レンジ型のexeファイル 】ができる→【開く】→下のBへ
  

 B 【発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?】→【実行する】→【解凍先】を変更せずそのまま→【OK】
  解凍するとStationary のSanta-mamaフォルダにひな形名のファイルが保存されます。  
 B が終わればexeファイルは削除しても大丈夫です)
  
ー注意ー 解凍先を変更すると音楽が鳴らなくなります。

3)ひな形の使い方
 @ メッセージ→ひな形→ひな形の選択でStationery が開きます。
 A Stationary の中に Santa-mamaフォルダがあるのでクリック
 B ひな形の名前のファイルをクリック→その中の【 ひな形の名前のhtm】を選択します。
 C ひな形が開くと、「編集・ソース・プレビュー」の編集画面になっています。
    メッセージ文の上でWクリックすると白い枠が出るので☆から★までメッセージをお書き下さい。詩は消しても構いません。
 D 編集画面では、メッセージ欄だけ見え、画像は見えない事が多く、動きません。
    プレビュー画面で動作を確認して下さい。
   心配な方は自己送信(自分宛に送る)して確認するのも良いです。
  
4)EMLをダウンロードして使う方法
  @ EMLを右クリックして「対象をファイルに保存」にする
  A 保存先を【デスクトップに保存】にする
  B デスクトップに 【レンジ型のexeファイル  】 ができる→Wクリック  
  C 【発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?】→【実行する】→【解凍先】を空欄のままで→【OK】
  D デスクトップに封筒型のファイル ができる ( Dが終わればexeファイルは削除しても大丈夫です)

   E 封筒をWクリックするとひな形の編集画面になっているので、後は↑の3)ひな形の使い方CDと同じです。

  5) 新たに他の曲を付けるには 
 【メッセージ】→【書式】→【背景】→【サウンド】→【参照】でご自分のMIDI保存場所を指定します。
 下の【ファイルの種類▼】でMIDIファイルを選択→【曲をクリック】→【開く】→【再生・連続のどちらかを選ぶ】
 →【OK】