Windows Live メール 2009

- HOME -
Windows 7 で ひな形を楽しむには、 Windows Live メール 2009 が適応範囲が広いと思われます。
バージョンが分からない方は、Windows Live メールを立ち上げ、
ヘルプ → 1番下のWindows Live メールのバージョン情報 で表示されます。

1)メール画面の設定    こちらの を参照して設定して下さい →    
 まず設定の変更をします。雛形をご覧になる方は Windows Live メールの設定を下記に変更していないと正常に表現されません。
 @ 図 1 のようにメールの右上にある四角の図をクリックして 【メニューバーの表示】 をクリックし表示させる。
  A 図 2 のようにメニューバーが出たら 【ツール】 を開き 2の 【オプション】 を開く。
  B 図 3 のように Windows Live メールを 【既定】 に設定する。
 C 図 4 のように 【読み取り】→【メッセージはテキスト形式で読み取る】 の部分の V チェックをはずす。
 D 図 5 のように 【送信】→【HTML形式】 にV チェックを入れ、画像を添付するにV チェックを入れる。
 E 図 2 のように 3のセキュリティーを開く
 F 図 6 のように 【セキュリティー】→【インターネットゾーン(安全性は低くなりますが、機能が向上します)】にV チェックを入れる。  同じタブにある 【イメージのダウンロードのブロック】のV チェックをはずす。
 G 上の@〜Fの全て設定してから→【OK】
これらの設定を行うと、ウイルスに対するセキュリティーが甘くなりますので、アンチウイルスソフトを使っていない方はメールを見た後、 上記Fと同じ方法で【制限付きサイトゾーン(安全性が向上します)】に戻しておく方がいいかもしれません。

2)ダウンロードの仕方
 (ひな形の画像をクリックするとプレビュー(見本)がご覧になれます) 
A・B 2つの方法があります
A @ eml を右クリックして対象をファイルに保存する
  A 保存先を【デスクトップに保存】にする
  B  デスクトップに 【レンジ型のexeファイル  】 ができる→クリック  
  C 【発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?】→【実行する】→【解凍先】を空欄のままで→【OK】
  D デスクトップにemlファイル ができる ( Dが終わればexeファイルは削除しても大丈夫です)

B @ eml をクリックする。
  A 【ファイルのダウンロード・・セキュリティの警告】に「このファイルを実行または保存しますか?」
  →【実行】→【発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?】→【実行する】

  B 【解凍先の指定】→【変更】→【デスクトップ或いは自分の指定したいフォルダー】→O.K  これで指定場所に emlファイル ができる
   (自分の指定フォルダーに、新規に「空の雫」のフォルダーを作っておくと便利です)



3)ひな形の使い方    こちらの を参照するとわかりやすいです →
 @ まずWindows Live メールを立ち上げます。  
  A デスクトップなどに保存した emlファイル をWクリックして開きます。
  B ひな形メールの編集画面になっています。ソースの表示はできません。
私のひな形は編集画面では文章しか見えない事が多いですが、画像も曲も、プレビューや送信済みを見ると 表現されているので心配ありません。

  -1- 文章の入力の仕方
Windows Live メールでは Wクリックしてもメッセージの枠は出ません。
日本語への切り替えもそのままではできません。

図@のように、☆の隣、または文章の一部にカーソルを当てクリックし、次にフォント選択タブをクリックして下さい。 フォントを選択しないでワンクリックで良いです。
次に図Aのように、日本語入力用にひらがなを選ぶか、半角/全角キーで切り替えて下さい。
これで日本語で書けるようになりますので、貴方ご自身のメッセージをお書きください。
詩は消しても構いません。


  -2- 送信と保存の仕方
 メッセージを書いてすぐに送信する場合はそのまま【送信】して下さい。
  ただし、メッセージ作成中に一旦作業をやめて保存したい場合は、必ず図Bのように 
【 ファイル 】→【 フォルダにコピー 】 で下書きを指定するか、 
または→【 名前をつけて保存 】でデスクトップなどの場所を指定します。
作業開始のときは保存した下書きなどのメッセージを開いて作成後に【送信】します。
   ー注意!−   
作業を一旦やめる時、「保存」や「ひな形として保存」にすると画像も曲も消えてしまいます。
必ず「フォルダにコピー」 か 「名前をつけて保存」にして下さい。
これは Windows Live メール2009の特有の現象です。
心配なら自己送信(自分宛に送る)して確認するのも良いです。